2010-02-17

魔法にかけられて――オーディション顛末編その2

(やば…、見失った――――!?)


そう思った瞬間、頭の中はまるでビデオを一時停止したかのようにストップしてしまっていました。
しかし、頭で考えるよりも先に左手が 何かの音(爆) を打鍵!

その音が合っていたかどうか、今になっては覚えていないのですが、思考一時停止からハッと我に返ったときには
止まらずに、勢いそのまま、流れに乗って先に進んでいました。

(?…?? …?????)

謎のマジックに疑問は残しつつも、しかし考えている暇はないので、次のことに気持ちを切り替えっ!


再現部へ向かっての盛り上がりは、盛り上がりらしくまとめられて聴きなれたメロディーへとつながり、ホッとひと安心。
先ほどのアクシデントのおかげか、更に吹っ切れて「楽しく!」を一徹できる演奏が続いたと思います。

完全五度を左手オクターヴで飛ぶ箇所は、いくらか外したりするミスはありましたが、
「こんなミスは想・定・内・デ・ス!!」という気持ちが前面に出たというか(笑)
音楽そのものを損なうことなく、流れに乗ってコーダへ向かって突っ走っていくことができ、
全体的にはとにかく自然に、余計な力を入れずに演奏できたので、スタミナが切れて「み、みぎてが…っ あう!」なんてことにもならずに済みました。


そして。
前々回の舞台でこの曲を弾いた時、和音でたたみかける部分でミスした(汗で指が止まってしまった)記憶は新しいものでしたが
今回は「鍵盤を滑らせて弾く」から「手首を使って掴むように弾く」に方向転換したおかげで、スタインウェイでもOKな弾き方、というものが少し分かった気がします。

今回、その部分でのミスはなく、のびのびと弾けました(ホッ)
今演奏中では、自力で修正できた、というのが、二番目に嬉しかったなあ。と思います。
一番目はもちろん! シューマンを楽しく演奏できたということです♪



最後の和音の残響を聴き終えて、立ち上がってsmileを忘れずに礼をして、顔をあげると………ビックリ!

審査員席の前列、端にいらっしゃる御方が空拍手をして…いらっしゃる?ような?
え!? え!? え!?

思わず、嬉しくなってもう一度礼をしたくなりました(←せんでええ!)



演奏前・演奏後の拍手はないオーディションです。
でも、拍手というものは、もともと心の声を代弁するもの。
私の拙い演奏でも何か伝えられることがあるならば、誰かの心に「何か返事を伝えたい」と思ってもらえる演奏ができたのなら、それだけで、満足極まれり。です。

もう、るんるん気分で舞台を去りました(笑)
「目標は、ノーミス」だったのに、ポカミスが多かったこと? もういいんだ〜そんなの!(爆)

こんなにるんるん後味が良い演奏ってハートたち(複数ハート)初めてかもグッド(上向き矢印)なのだ〜かわいい
(テンション高すぎ…反省。。。)




さて、今日の楽しみは、まだまだ続く、他の人の演奏っ!
いそいそと舞台衣装を着替えて客席に戻ると、5番の方の演奏がはじまるところでした。


次回は感想&舞台マナー等々&結果発表…までいけたらいいけど
というわけで顛末編3に続きますパンチ

ちょっと体調崩して寝込んでいるので、記事が遅れてます…ごめんなしあ。
posted by Aster at 18:52 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010-02-12

やっちまった!? ――オーディション顛末編その1

ってことで、顛末編その1です。
今年もまたオーディションに行ってまいりました。
合格したら、3月に行われる演奏会に出演できる、というものです。

去年はピアノ部門だけで15人くらいの応募…だったのかな?
今年は盛況にも21人が集まりました。
もうそれを聞いただけで「今年は、だめかも」という感じがかなり漂ってはいたのですが、
ほら、私以外の出演者がみんなウイルス性胃腸炎になっちゃった!なんてことがあるかもしれないし!?(←ないない)
やっぱり、行ってみないとわからないでしょうっ!



審査は7人ずつを3部に分けて、朝10時から行われました。
1部があって15分休憩があり、2部の後に1時間の昼食休憩、3部の後に30分の休憩があり、即日の結果発表。という流れです。


本番前に届いた書類によれば、Asterさんはまたもや… 1組目!
「これで(抽選で)1番をひいたら、大会3連続1番ってことになるよね…それって凄い強運だってことだよね…」

などと意味不明にもブツブツと呟きながら、抽選の時間を待っていたところ、今年は3番のカードが手元に舞い込んできました。

お、順番的にはちょうどいい♪

さほど待たずに8分間のリハーサル。
全曲は弾かずに、リャードフは前半のみの構造的な確認、シューマンは気になる箇所をあちこちつまんで確認しました。
家ではいつもの基礎練(ピシュナ)のあと、両曲1回、通して弾いてきてはいたのですが
“それだけの練習じゃ不安”という気持ちよりも
“「弾きたりない」って気持ちは残しておいたほうがいい”という気持ちのほうが打ち勝っていたので
(このくらいにしといてやンよ!) 素直にその気持ちに従うことに(笑)



さて舞台裏へ行くと、ちょうど1番の方の演奏が終わるところでした。
指の芯は温まっていたのですが、表面がすごく冷たくなっていたため、ヒーターの前を陣取るAster。
南国とはいえ、舞台裏は寒いので、とてもありがたい配慮ですひらめき

ほどなくして2番の方の演奏が始まりました。
高校生くらいの男の子で、ベートーヴェン・ソナタ3番の1楽章。これが、とっても好演奏♪
男の子らしい無骨で厳格な演奏かな?と思いきや、まあるい音の、かろやかで丁寧な演奏でした。

その演奏に合わせて今度はストレッチをし始める、不届き者なAster。
でも、本当に気持のちよい演奏だったので、あんなに心地よい柔軟をしたのはいつ以来? というくらい、好き勝手にノビノビさせてもらいました(笑)

たぶん、それが今回の勝機だったのでしょうか。
「この子に続こう!」と思って、smileを忘れずにステージに出て行けましたし、全然緊張することもなく、リャードフの出だしも自然に出てくれました。


ただ… 困ったことに…


焦りその@
男の子の後だからか、予想していたよりも音量が出ないっ!!

焦りそのA
(ひ、響いてない、気がする…)
あ!? こ…このホール、改修工事してやがる!!むかっ(怒り)
返せ!! 去年のお風呂場の響き、返せ!!!

焦りそのB
(やばい、テンポが)
響きを確認しながらだから、遅くなってるううう!!(涙目)


リャードフの演奏中に覚えていることは、以上。
どこをどう演奏したとかは、まったく覚えてなくて。
最後の和音だけは、今までに一番きれいに弾けた気がしますが…
始終、ムラムラというか、ムカムカというか、じれったい気持ちを抱えての演奏だったと自分では思います。

まあでもね、そういうのをシューマンで晴らす、いい流れ!!
さあ、ドッカーンといくぞ!


“Smile !!”


序奏。
よし、調子よい!

提示部。
前日になってスカしまくっていた箇所は無事通過。
重音のスケールからの盛り上がり、(あれ?すごく自然に弾けたな?)と、そこで初めて、まったく力んでないことに気づき
(調子いいね、嬉しい!) ニッコリ。
そして次なるシンコペーション、ここは聞いてても楽しいだろうけど、弾くのも楽しいんだよ〜。を身体でさりげなくアピール。
次、G−durのスタッカート部分を抜けて、華麗なるD−dur。ここは前半で一番難しい場所。滑らかに弾きたかったけど、体はガチャガチャ弾くことに反応したようで。まあ音質を気にしなくなるから、そっちのほうがはるかにテクニックが楽になるんだ。おそらく咄嗟の『ミス回避本能』が発動したんだろうなあ(笑)
事故も起こらず、前半、無事通過!

展開部。
おもいきり、オクターヴのメロディーがきれいに出てくれて、またニッコリ。
(ちょ〜た〜のしい♪)
そういえば、ほんの少しテンポが遅い。
返ってくる音を聴きながらだと、やっぱり遅くなっちゃうんだな。。

そして、大好きなフーガへ…!
と、ここにきて

(あ、あれ…?)

右手、出したい声部が出てくれない。
おかしい、次は出なきゃ!
そう思った、その時。


とつぜん、左手を見失って―――――

(      !?)




や… っ ち ま っ た ?





つづく。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナントカ

次に進めることになりました。
今年もまたギリギリ…(滝汗)


詳細は、また後日。
posted by Aster at 00:23 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010-02-07

意味もなく、されど意味ありげに

頑張っていない訳ではないのに
悲しいとか恥ずかしいとか思ってもいないのに
無性に、涙が出る時。

ポロポロじゃなくて、ぼたぼたぼたっと。
鼻水だって遠慮なし。ずべずべずべっと。



こんなことは以前にもあった。

私の通っていた高校の秋の行事に、40キロ縦走というものがあって
1年の時は土砂降りの中、20キロ地点で中止だったのだけれど
2・3年はきちんと40キロ歩き通した。(途中走ることもある)
今じゃ、ほぼ全員20キロになっている(希望者のみ40キロ?)らしいけど、
結構良い思い出になるんだよなあ…。
(みんな、40キロ歩けばいいのに。)

で、ふと思い出したのだけれども
3年時の最後の縦走で、あと2キロかそこらの道で
何故だか無性に涙が出てきて、泣きながら歩いたことがあった。

悲しいとか、感動してるとか、そういうのじゃなくて
気が付いたら汗と一緒に涙が出てるという感じ。
歩くのは好きで、その時も1200人中の300番台で、つまりダラけていた訳でもなく、心強くも友人が一緒だったのに


Aster 「あれ…えぇ? 涙…が。なんだこれ」

友人A 「うんうん…泣けてくるよねええ」

友人B 「ううぅ…(もらい泣き)」


上り下りの山道は終了して、あとは帰りの列車が出る駅へ向かうだけの、まっすぐで平坦な道、数キロ。
その『平坦な道』が、とんでもなくキツくてキツくて。

まだ上り下りがあってくれたほうが、『前に進んでいる』感じがするのに

どれだけ歩いても歩いても
駅が見えてこなくて
道を間違えているわけないのに

もうすぐそこにゴールがあるというのに
決して辿り着かないような漠然とした不安感と
何か虚しいものを追いかけている、その感じ。




「似てるよ……ああ似ているとも」

ちょっと自虐的に、冷静に呟いてみても、ボタボタ涙が途切れることはなく。

1時間以上も大泣きしながら、(しかしせっかくピアノが空いてる時間がもったいないので)時折涙をフキフキ、鼻をカミカミ、ひたすら泣きながら弾いていた。


でも、息を詰めながら無心になって弾いたおかげで、
1音1音に心を込められるようになったかも。



と思ったのに、あくる日には泣く前の状態に戻っていて(爆)


「昨日の私の水分とエネルギーを返せえええ!!
出て来いしゅーまん―――――!!!」


と、斜め上に向かって叫びながら、
あの涙に意味はあったのかなかったのか、
つまるところ、いつもの日常はまだまだ続く、ようです(ちゃんちゃん)



□蛇足
練習不足で師匠に泣かされることはあっても、これだけ練習していて自分から泣いた曲なんて今までに一度もない。
よほどこの曲に執着心があるのか。。。
いいことなのか、わるいことなのか。。。


前回の日記のつづき、やはりノロノロ運転(※Tempo80)に聴こえるので、Tempo84→92にあげてみることに。(1メモリ飛ばしてみた)

あと3日あるし、多分なんとかなるだろう。
明日は録音してみよーかな。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010-02-05

いざ、ホールで練習

2/2に郊外のホールへ行ってきました。

ここのホール、文句なしにとってもいいホールなのだけれども
なにせ、辺鄙。ヘンピ。へんぴ!!!

行くまでに2時間以上ですよ。。。
朝5:45に起きて6:15に家を出て
6:30のJRに乗って
途中下車して7:25のバスに乗り換えて
45分ほど乗って、途中でもういっちょ8:20のバスに乗り換えて
8:35にバスを降りて、そこから更に山道を徒歩10分!


…行くまでに疲れたわい。。。
(催し物がある時は直通の臨時バスが出るんですが…)



とブツブツ言いながらも、なんとも得がたい体験をして参りました。
この軟弱者が「さむいよう、つかれたよう」「あしいたいよう」「おなかすいたよう」「おでんたべたいよう」などと弱音の限りを吐きながら、それでもえっちらおっちら行っただけのことはありました。

まずなんと言ってもびっくりしたのは、音の伸びが家とはまったく違う、ということ。
家で弾けばいつも20秒ほど残る低音が、ホールでは30秒でも40秒でも残りそうな伸び方。
一方の高音は、家よりも残ることは残るんだけれども、それでも10秒程度で消えてしまいます。

なんだ、こののびのびとした低音は!?




「うーん、ちょっと左手や内声、うるさいんじゃない?」

幾度かAster母に言われながら、調整に調整を重ねて、ようやく「少しはバランスよくなったか?」と思う頃には


「あれ、これ…この左手……弾くってよりは『かるく触れてる』って感じ? そんなに力抜くの?? そんなに力を抜けと???(冷汗)」



カルチャーショックすぎるのもいいとこでした。
けれども、それに気付くことが出来たおかげで、

左手がんばらない

右手、左手に負けまいとムキにならなくて済む

ゆえに、後半スタミナ切れしにくくなる


三段論法すげぇぇぇパンチ



Asterは れべる2になった!(てれってってて〜



他にも、ペダルのことだとか音量のことだとか、
間の取り方(最後までうまくいかなかった)、ピアノの見え方(舞台が広くて、なんだかいつもよりピアノの幅が狭く感じられた)など、勉強になったことがたくさんあり
今回の一連の練習の中で、一番有意義な時間を過ごすことが出来たように思います。



都合が許せばもう1度くらい行きたいところですが
まあ、またいつか。 ということで。

私の“強引ぐMY道”につきあってくれたAster母と、そして
快く応対してくれたホールのスタッフの方々に、心から感謝の気持ちを送ります。

………ていうか。
遠慮なしに舞台の上(Aster)と客席(Aster母)で喧嘩してた様子、見られてなきゃいいけど。(どーん。)




ところで。
ホールでの録音を聴くと、Schumannがおとなしすぎるような気がしてなりません。

まとめすぎなのか? まとめなさすぎなのか?
『多少テンポ遅くともノーミスで』が目標のせいで、ミスを怖がっているのか??(そのくせミスるし)

かつて、いびつなのが『面白い!』と思ったのに、それはどこに行ったんだ???


※後半カオスです。

ペダルを踏んでる足が突然痛くなって(あれ? これはヤバイぞ…吊るかも。どうしよ)と思ってたら 楽譜が脳内から飛んだ!(汗)
普段から足も鍛えていないとダメですね(ため息)


この時のShumannはTempo80。
2/5現在はTempo84で大ポカがなく、かなり余裕が出てきたので、明日あたり88にテンポアップしたいところ。
92まで上げられたらいいけど、無理はしなーい。

Lyadovは、右手がギスギスした音にならないように気をつけたいけど、
なんといっても音楽が停滞しないように、情緒豊かに弾けないもんかなあ。。。
(その時々のノリによって左右されるのが如何ともしがたい。。。)



まあ、なんというか…ぐいぐい曲を弾き込むような強気な気持ちが欲しいです。
どちらもまだ、どこか曲に弾かされている感じ。

というか、95%くらい弱気だもんなあ。はあ。

あと5日(土日月火水)、がんばる。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | 企画>Schumann Toccata | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010-02-02

私の音楽の聴き方は、他人のソレとは違うようだ

「あなたって、音楽を誉める時に、必ず『おもしろい』って言うよね?」


初めてそれを指摘されたのは今から5年くらい前のことだけれども、
確かに「うむ。君の指摘は正しい」と感じた。
どうも、普通一般の人とは音楽の聴き方が違うらしい。

ピアノにしても、オケにしても、歌にしても、
良いと思ったときの誉め言葉は、必ず「これは面白いな!」。


「面白いって…何? どういう意味?」

そう尋ねられたとき、

「何って、面白いもんは面白いんだよ〜」

と、人を食ったような答えしか出来なかったのだけれど、今ならニュアンスを伝えることは出来るような気がする。
要するに、だ。
私は音楽を聴くときは、いつも先を想像して聞いているから、
もしも予想していた範疇の流れになるなら、感想は「おもしろくない」。
逆に予想外の展開になったときの感想は、「おもしろい!」となる。らしい。



これで伝わらないのであれば、
例えば、歌を聴く時のことを語れば、想像がつくかもしれない。

とある歌があったとしよう。
初めてその歌を聴くとき、私はほとんど歌詞を聴いていない。
聞いているのは、
1に旋律
2にボーカルの声
3にBACK(構成)
4に演奏力
5にようやく歌詞

そんな感じ。2と3は入れ替わることもある。



「なら、Asterさんは洋楽好きでしょ?」

と言われるが、まさにそうで、海外の歌は大好きだ。
韓国でも台湾でも、香港でもタイでもインドネシアでもアフリカでも南米でも、場所は問わない。
文化が違えば想定外の流れになることが多いから、「おもしろい!」が増える。

歌詞がどうの、ととやかく言われることはないし、海外の音楽はとにかく発想が斬新すぎるので、聴くだけでごはんを軽く3杯はいける。




そんなわけで日本の歌は、歌詞がなかなか覚えられない。
売れる理由が「歌詞」にあったりすると、ほぼ理解不能。

しかしながら、歌は旋律もあって歌詞もあって、はじめて、「うた」になるわけだから
合唱をやることでしか、歌詞の良さをあじわうことしか出来ないのが腹立たしいと心底思う。
でも、合唱を通して助詞のひとつひとつまでも味わいつくすことが出来るという事実は、至上の喜びでもあると感じていたりもして。



好きな詩集は、海潮音。

海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)

新潮社
売り上げランキング: 21788
おすすめ度の平均: 5.0
5 カール・ブッセの『山のあなた』を ドイツ語から英訳した
5 すべて世はこともなし、かな。
5 ひとりの夜に静かに酔う。
5 言葉が綺麗です
5 文芸文化に触れる


詩自体は好きなんだよなあ。
歌になるとどうしてああも霞んでしまうんだろう。
歌詞を生かす曲作りが出来る人って(私が知らないとかじゃなくて、実際に)希少なのだろうか。。。



念のために言っておくと、
新しいものが良くて古いものがダメ、という訳ではない。
古いものでも斬新さを感じるものは多々ある。

例えば、モーツァルト。
T度と属七だけで、ああも簡単に音楽を作り始める感性は、甚だ斬新だ。

実にシンプルな展開なのに、実に斬新すぎる。


普段そうやって音楽を聴いているから、誰が弾いているだのをあまり気にしないのは、ちょっくら不届き者、なんだろうか。
ま、いいよね。
人は人、私は私だもの。

にんげんだもの。(笑)
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010-02-01

なかったことにしないでくれと

実は ちょさくけん というものをいくつか所有していて
自称じゃなくて、ちゃんと登録されているものなのだけれども


昨年夏ごろ届いた事務所の明細に
某曲が某有名ゲーム会社に貸与された、との記述がされていて
「わぉ、初めて1曲で5桁行った!?」
と喜んだのもつかの間、


半年以上待っても
決算期が過ぎるのを待っても

要するに、いつまで待っても


ちょさくけんりょうが支払われない



過去に、14円、という微々たる料でもイヤミのように分配してくれたのに
契約により使用料の半分もかっさらっておきながら、4桁ごときを支払わないとは
なんなんでしょうね、この事務所…。



あと、もう一つ要望が。
媒体は何なのか教えて欲しい。

エロゲだったら号泣間違いなし。
そのときは、他人のフリをしよう。


でも、ここは
(たとえエロゲでも)使ってくれたゲーム会社さん、小さなご縁をありがとうでした。
って言っておくべきなのか。

いやはや、悩む。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。