2011-11-04

ハンガリー狂詩曲第12番

録りたてホヤホヤの音源です。
久々の音源アップですー。

録り溜めているものはいくつかあるのですが、気がついてみると容量がヤバイことに…。
以降は、考えながらアップしなきゃだ。。。


さて。実は明日、本番です。
この曲を千席のホールで弾いてまいります。
順番はまたまたトップバッター。

もはやお約束…(。_+)
い、いいんだもん! 1番が良かったんだもん!!


ってことで、どうぞお時間があればお付き合い下さい。



上の録音から明日中に修正しておきたいところは

・出だしがもったりしすぎ
  → 鋭く出る! 丁寧に弾きすぎない。打鍵のスピードを速く!
・2小節目 クレッシェンドが足りなさすぎ
  → 身体をつかってみる。
・7小節目 もっと堂々としてもいい
  アルペジオが苦手だからって、不安になるな
・13小節目 左
  → 間を少し走らせたほうが、間延びしなくていいかも
・16小節目 右、フェルマータの音
  → しぼまない! アクセントついてるよ!
・17小節目 Adagio
  → 最初の音はもっとガッツリくること
・27小節目 右手アルペジオ
  → もう少しクネクネ感が欲しくない? 丁寧に入れよう
・31・33小節目 右手の和音
  → 後半アクセントついてるよ! 躊躇うな!
・35小節目からの Allegro zingarese.
  → もっと軽く、羽がはえたように
・77小節目
  → やまびこは呼応させて、2回目の表情を変える
・114小節目 両手アルペジオ
  → 先を予測してバタつかないようにする
・127小節目からの Allegretto giocoso.
  → 右手のメロディー、張り切り過ぎないように
・153 小節目 拍子が分かり辛い
  → 左手の大事な音を抜き出してみよう
・180小節目 左 & 181小節目 右
  → 大事な音は外したりしないでちゃんと弾くんだぜ…?
・184からの Stretta Vivace.
  → 全然ストレッタっぽくない。勢いが足りない。
  → フレーズを大きく取って、コーダに向かって前に前に感じること!
・256小節目 アルペジオ
  → 左は放っておいて、右のアルペジオを綺麗に入れるのだ!
・268小節目から
  → フレーズを大きく!! 大きく大きくとって前に感じる!! 細切れに取らない!!!!
・283小節目 Presto. 出だしが弱い。
  → 初めのcisはAdagioのものではなくPrestoのもの。スタートッ!!という気持ちを出す


以上。
特に後半のストレッタ・ヴィヴァーチェののんびり感がパない…。。。lilili orz lilili
もはやストレッタでもヴィヴァーチェでもない…。。。。

ちょっとテンポアップしてみようかなぁ??(´・ω・`)
posted by Aster at 17:31 | Comment(0) | めいん>performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新しました

ええと、1年ぶり?の更新? え、本当に?(滝汗)

とりあえず、生きてます。

行間が狭く、読みにくいブログなので、夏休み頃に移転しようかと思っていたのですが
なかなか忙しくて時間が取れませんでした。。。

正月こそは、なんとかできたらいいなあ…。



<更新内容>

・荒井千裕さんのブログリンクを変更。右サイドバーより飛べます。
・他、リンク切れ修正
・最近1年で学んだ曲、目下勉強中の曲を更新
・上記の曲リストの移動に伴い 今まで弾いた曲リスト を更新
posted by Aster at 16:46 | Comment(0) | めいん>memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。