2009-06-02

じびょう(スルー推奨)

どーもAsterです。お久しぶりです。

気がついたら6月になっていました。

玄関を出入りする時、「ついこの間、ここにしめ縄があった気がするのに、もう1年の半分が過ぎようとしているんだねえ…(遠い目)」

隠遁している間に、なんと思考が老人化してきました! ぎゃー!




以下、今日は音楽と関係のない下の話。
気になる方は「続きを読む」をどうぞ。
でも極力スルー推奨。


さて。
雲隠れしている間に、何度か更新しようと思ったんですが
ちょっと体調を崩してしまって、それどころじゃありませんでした(汗)
と書くと、ご心配なさる方がいるかも分かりませんが、体調崩しの原因をスパっと言ってしまえば、じびょうです。

携帯で書くと ぢびょう になるんですが、PCでは漢字に変換されてくれないんですねえ。。。
うら若きこの年齢(?)で、この病を抱えることになるとは思いもしませんで。



Aster母 「出産でいきんだ時に出る人はいっぱいいるけどねえ…」

そうなのか。それすらも知らなかった。無知だった。排便の時はいつもいきんでた。いきんだらダメだったのか。

Aster母 「突然こんなになるなんて、何か原因があるんじゃないの?」

Aster 「いつもと変わった行動と言えば…昨日の夕食後に…食べました。こっそりポテチを1袋120g」

Aster母 「そんなことしたの…!? 隠れて1袋も! しかも120gって特大サイズでしょう!」

Aster 「えー べつにー おいしかったよー(投げやり)」


確かに120gは食べすぎで、寝ている間にオナラをプッププップしていたかもしれないけれど。でも、あまり関係ないんじゃ。

やっぱり、1番の原因は生活習慣+職業病なんでしょうか。それに最近は勉強で朝から晩まで座りっぱなしだったもんな。むぅ。
出てきたポニョを入れるのに初日は2時間かかり、
「痛! 痛い痛い痛い痛い痛い痛―――――いっ!!!(涙目)」
GWは毎日悶絶して過ごしました。情けなくてほんとに凹む。
今は落ち着いて、痛むのは1週間に1度くらいまで回復したんですが…。
先週末、お腹を下すのと同時にまた痛み始め、ポニョ脱出の回数も増え、ホントに夜も眠れないくらい痛いので、昨日ようやく重い腰を上げて病院へ行ってきました。



それまで忙しいこともあって病院には行かず、市販の薬に頼りきりだったんですが、先日のレッスンにドーナツクッションを持ち込んだ私に、師匠がポツリ。

「…場所が場所だから行きたくないのかもしれないけど、行きな? 何が病気の引き金になるか分からないよ。特に大腸ガンってのは、女性の死亡率No.1なんだからね」

………ハイ。。。

「それにね、便秘でなくなった先生もいらっしゃるんだよ。某大の有名な先生だったけど、排便中に動脈が切れてね。便秘ひとつとっても、侮れないんだよ」

たしかに今回の件で、小さなことが侮れないという訓戒を得た気がします。
まったく予兆も自覚もなかったため、自分の体内でこんな大きなポニョが育っているとは思いもしませんでした。。。




振り返ってみると、生活習慣が悪すぎることに気が付きました。
今までの私
△ 食事 → なんでも食べるけど割と1日2食
× 排便 → 毎日しないのが当然
△ 入浴 → シャワーのみ。温浴は月に2〜3回。中に浸かる時間は1時間くらい。
× 運動 → する訳がない。おつかい時に近所を歩くくらい。
○ 睡眠 → 寝つきは良くないほう。でも一度寝たら死んだように7時間は寝る。

これでも、学生時代よりは随分マシなんですが。
あの頃は本当に寝る暇も食べる暇もなくて、毎日ウィダーインゼリーで昼食を済まし、睡眠3時間とかで暮らしていたら、卒業時にはついに体を壊して周囲に迷惑かけまくり。
体重なんて現在(=身長に対しての平均体重)よりも10キロ少なかったですよ。太りにくい体質だから、元に戻すのがすんごく大変でした。
そんなこんなで、適度な食事と適度な睡眠には気を遣いつつ、ようやく普通生活を送れるくらいには回復できたんですが。


そ れ で も ま だ 気 を 遣 え 、 と !?



しかし、今更ぐだぐだ言ってもお尻の痛みが消えることはないので
とりあえず毎日の生活習慣を変えることから始めてみました。

励行中。

<行動編> うっ血回避
・毎日1〜2回、入浴する。できれば半身浴で20〜30分。
・毎日散歩する。30分〜1時間。
・起きたらまず、ラジオ体操第1。
・座りっぱなしではなく、こまめに立つ(100回練習中、20回に1回は立ってピアノの周囲を歩く等)
・行きたくなったらトイレへGO。無理に頑張らない。

<物品編>
・尾骶骨への負担軽減のため、ドーナツクッション使用。
 ピアノ椅子を一番下まで下げて置くと、私にとってはちょうどいい高さです。(コレ使ってます)

低反発とは言えど、使っているうちに少ーしずつ柔らかくなってくるので
ピアノを弾くときはもうちょっと固めのでもいいかもしれない。
次はピアノ椅子用に
低反発快適円座クッション
富士パックス販売
売り上げランキング: 127

これを買ってみようかな。中身は硬質ウレタンらしい。

<食べ物編> 健康的な排便のために適宜摂取
・ヤクルト
アロエヨーグルト
蒟蒻畑(3〜4個/日)
・毎日生野菜を必ず摂取
・おやつは酢昆布
・よーく噛んで食べる
・禁酒、禁ポテチ、禁刺激物(カレー、唐辛子等は避ける)



元々野菜は大好きですし、蒟蒻畑も3食食べても構わないくらい大好物なので、<食べ物編>はむしろ喜んでいたり。
それにしても、蒟蒻畑にこんなパワーがあるなんて知りませんでした。
普通に売ってるコンニャクは不溶性に加工されているらしいのですが、蒟蒻畑の蒟蒻は水溶性のままに作られているらしく、大腸で水分が吸収されることなく排便に作用されます。
昆布も水溶性食物繊維なので、好きな酢昆布をおやつにチョイス。

コスト&味的に気に入ってるのは、やっぱり蒟蒻畑。
150円台の時に大量購入しておけば、40〜50円/日ってとこでしょうか。
アロエヨーグルトも好きなんですが、お値段はちょっぴり高め(100円/日くらい)なので、どうしても(便が)出にくい時には買ってます。


そんな感じで意気揚々とスーパーのお菓子コーナーを回っていると、ついつい目に入ってしまうんですよねえ…

ポテチが


で、禁ポテチの約定を破って買ってしまったのが約10日前。(今度は60gだからきっと大丈夫! 九州醤油大好き♪) ペロリと10分でたいらげたのが約7日前。
その翌翌日あたりからの、激痛再開。


も…もしかしなくても、ポテチって刺激物…なのか?(汗)
(※唐辛子等の刺激物は消化されず、排便時に肛門を刺激します)



< そして病院にて >

医者 「あ〜 中の粘膜がねえ、弱ってるんだねえ。腫れて真っ赤になってるねえ。出血はないみたいだけど、これで切れたら凄い出血になるねえ。薬出すから、それ塗って安静にしなさい」

安静に…ということは刺激してはならないということで
ポテチ禁止令 再施行決定
わーん!

医者 「ま、悪性じゃないから安心していいよ」

ひとまずホッ。
手術にならなくてよかったです。

いつまでポテチを我慢できるか分かりませんが、まあとりあえず1ヶ月はがんばってみよう。



***** ***** *****



ブログ趣旨とは思いっきり外れてしまいましたが、
とりあえず近況報告ということで身辺暴露話。

たかがお尻と思って甘く見ていたら、恐ろしい結果になること請け合いです。
ここを見ているあなたも、どうかお気をつけて。

特に、デスクワークで座りっぱなしの方
何十キロもの重い荷物を頻繁に持つ方
お酒が好きな方

要注意ですよ…!



■蛇足


GREEN―農家のヨメになりたい (1) (講談社コミックスキス (263巻))
二ノ宮 知子
講談社
おすすめ度の平均: 4.5
4 面白かったです!
5 爆笑!
4 この人は
5 のだめカンタービレの原点かも?
5 一気に4巻買ってください。

のだめに負けず劣らず、大のお気に入りの1冊。
当初これを読んだ時、ワコちゃんの状況には何も考えず大爆笑してたけど
最終話の彼女には、今は痛いほど同情してしまう(笑)

「ピキッ!」 とか 「はう…っ」 とか 痛みに気が遠くなるような気持ち、よく分かります。
NHKでドラマ化されたDVDも出ているようなので、試験の目処がついたら、ゆっくり見てみたいなあ。


農家のヨメになりたい [DVD]
ポニーキャニオン (2004-12-15)
売り上げランキング: 60056

レビューを見るに、なかなかに好評だったよう。amazonのマケプレにて購入可能のようです。
posted by Aster at 23:59 | Comment(2) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはv(*^^*)/
コメントありがとうございました。
今月末の本番は結局同じ曲となり、じっくり取り組んでおります。
ところで、久しぶりの日記拝読させていただきました。
体を大事にしないといけません。自分の体なのできちんと3食、睡眠も十分にとったほうがいいですよ。
くれぐれもお大事にヾ(*⌒∇⌒)ツ
Posted by けいこ at 2009年06月04日 00:49
>けいこさま

けいこさまなら、ご自身の体調についてもしっかり管理されていらっしゃるんだろうなあ…と羨ましく思います。
普段の睡眠はきちんと取っているのですが、時々ズボラして3時間程度しか寝ないこともあり、この年齢になっても(まるで子供のように…)自分で自分の首を絞めて「ぐえっ」となることも多いです。はぅ。

激励感謝いたします♪ 早く治すように努力いたします☆
Posted by Aster at 2009年06月05日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。