2010-02-01

なかったことにしないでくれと

実は ちょさくけん というものをいくつか所有していて
自称じゃなくて、ちゃんと登録されているものなのだけれども


昨年夏ごろ届いた事務所の明細に
某曲が某有名ゲーム会社に貸与された、との記述がされていて
「わぉ、初めて1曲で5桁行った!?」
と喜んだのもつかの間、


半年以上待っても
決算期が過ぎるのを待っても

要するに、いつまで待っても


ちょさくけんりょうが支払われない



過去に、14円、という微々たる料でもイヤミのように分配してくれたのに
契約により使用料の半分もかっさらっておきながら、4桁ごときを支払わないとは
なんなんでしょうね、この事務所…。



あと、もう一つ要望が。
媒体は何なのか教えて欲しい。

エロゲだったら号泣間違いなし。
そのときは、他人のフリをしよう。


でも、ここは
(たとえエロゲでも)使ってくれたゲーム会社さん、小さなご縁をありがとうでした。
って言っておくべきなのか。

いやはや、悩む。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | めいん>diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。