2010-02-05

いざ、ホールで練習

2/2に郊外のホールへ行ってきました。

ここのホール、文句なしにとってもいいホールなのだけれども
なにせ、辺鄙。ヘンピ。へんぴ!!!

行くまでに2時間以上ですよ。。。
朝5:45に起きて6:15に家を出て
6:30のJRに乗って
途中下車して7:25のバスに乗り換えて
45分ほど乗って、途中でもういっちょ8:20のバスに乗り換えて
8:35にバスを降りて、そこから更に山道を徒歩10分!


…行くまでに疲れたわい。。。
(催し物がある時は直通の臨時バスが出るんですが…)



とブツブツ言いながらも、なんとも得がたい体験をして参りました。
この軟弱者が「さむいよう、つかれたよう」「あしいたいよう」「おなかすいたよう」「おでんたべたいよう」などと弱音の限りを吐きながら、それでもえっちらおっちら行っただけのことはありました。

まずなんと言ってもびっくりしたのは、音の伸びが家とはまったく違う、ということ。
家で弾けばいつも20秒ほど残る低音が、ホールでは30秒でも40秒でも残りそうな伸び方。
一方の高音は、家よりも残ることは残るんだけれども、それでも10秒程度で消えてしまいます。

なんだ、こののびのびとした低音は!?




「うーん、ちょっと左手や内声、うるさいんじゃない?」

幾度かAster母に言われながら、調整に調整を重ねて、ようやく「少しはバランスよくなったか?」と思う頃には


「あれ、これ…この左手……弾くってよりは『かるく触れてる』って感じ? そんなに力抜くの?? そんなに力を抜けと???(冷汗)」



カルチャーショックすぎるのもいいとこでした。
けれども、それに気付くことが出来たおかげで、

左手がんばらない

右手、左手に負けまいとムキにならなくて済む

ゆえに、後半スタミナ切れしにくくなる


三段論法すげぇぇぇパンチ



Asterは れべる2になった!(てれってってて〜



他にも、ペダルのことだとか音量のことだとか、
間の取り方(最後までうまくいかなかった)、ピアノの見え方(舞台が広くて、なんだかいつもよりピアノの幅が狭く感じられた)など、勉強になったことがたくさんあり
今回の一連の練習の中で、一番有意義な時間を過ごすことが出来たように思います。



都合が許せばもう1度くらい行きたいところですが
まあ、またいつか。 ということで。

私の“強引ぐMY道”につきあってくれたAster母と、そして
快く応対してくれたホールのスタッフの方々に、心から感謝の気持ちを送ります。

………ていうか。
遠慮なしに舞台の上(Aster)と客席(Aster母)で喧嘩してた様子、見られてなきゃいいけど。(どーん。)




ところで。
ホールでの録音を聴くと、Schumannがおとなしすぎるような気がしてなりません。

まとめすぎなのか? まとめなさすぎなのか?
『多少テンポ遅くともノーミスで』が目標のせいで、ミスを怖がっているのか??(そのくせミスるし)

かつて、いびつなのが『面白い!』と思ったのに、それはどこに行ったんだ???


※後半カオスです。

ペダルを踏んでる足が突然痛くなって(あれ? これはヤバイぞ…吊るかも。どうしよ)と思ってたら 楽譜が脳内から飛んだ!(汗)
普段から足も鍛えていないとダメですね(ため息)


この時のShumannはTempo80。
2/5現在はTempo84で大ポカがなく、かなり余裕が出てきたので、明日あたり88にテンポアップしたいところ。
92まで上げられたらいいけど、無理はしなーい。

Lyadovは、右手がギスギスした音にならないように気をつけたいけど、
なんといっても音楽が停滞しないように、情緒豊かに弾けないもんかなあ。。。
(その時々のノリによって左右されるのが如何ともしがたい。。。)



まあ、なんというか…ぐいぐい曲を弾き込むような強気な気持ちが欲しいです。
どちらもまだ、どこか曲に弾かされている感じ。

というか、95%くらい弱気だもんなあ。はあ。

あと5日(土日月火水)、がんばる。
posted by Aster at 23:59 | Comment(0) | 企画>Schumann Toccata | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。